ランプ豆知識

 
灯油ランプと他のオイルランプとの違い
 

一口に燃料を使用するオイルランプと言っても色々あります。
アルコールランプは、理科の実験などに使われるように加熱用です。
アロマオイルランプは、インテリアとして香りも楽しめるランプです。
照明用は、灯す油と書いて字のごとく、灯油ランプのことをいいます。
灯油ランプの特長として、明るさ(輝度)が一番明るいのです。

 
オイルランプの種類
燃料
用途
灯油ランプ 灯油 屋内外の照明用
アルコールランプ 燃料用アルコール(メタノールやメタノールとエタノールの混合アルコール) 学校の化学実験やサイホン式のコーヒー抽出の加熱用
アロマオイルランプ アロマオイル 室内のインテリアとして
芳香用


灯油ランプの特徴
 
灯油ランプは、非常にすぐれた特徴があります。
まず、燃料が安い。(持ち越し灯油でも可能・リサイクル)
電球に比べ、地球にやさしい。(エコロジー)
炎を灯せばリラックスする。(ヒーリング効果)
商品の寿命が長い。

◆ 灯をつけなくてもレトロインテリア、思い出アイテムとして魅力的な存在感があります
※灯油の臭いが手に付いたときは、サラダ油でふき取るとすぐに消えます。

 


灯油ランプの明るさの目安

 
2分芯ランプ
5分芯ランプ
7分芯ランプ
電球 約 4W相当
電球 約 8W相当
電球 約15W相当
    本を読む事も出来る位です。

 

★灯油ランプ・ランプオイル国内製造輸入販売メーカー商品のお取り寄せ出来ます。
下記メーカーHP内の商品名、商品番号等ご記入の上お気軽にお尋ね下さい。  
 

 

江戸川屋ランプ


ムラエ・ルナックス
ムラエ・ルナックス



日本オイル工業(株)(レインボーオイル製造元)

 

お問い合わせ

ショップガイド


kimagure blog

気まぐれ旅

恋人の聖地


Mobile